私にはもう時間がない

日々の出来事に対する議事録のようなもの

休日をもっと大事に

今週のお題「感謝したいこと」

 

休日。最近、仕事や引っ越しを抱えているせいか、土日が過ぎるのがあっという間な気がする。

 

土曜日は疲れて睡眠を取るうちに気づけば夜。趣味であるスフィア成分とちょっと読書をしただけで終わってしまった。

 

日曜日は午前中は持ち帰った仕事を片づけ、コンビニでの振り込み、昼寝をしてスーパー銭湯に行き、買い物をしたらもうこんな時間。あっという間である。

 

ちょっとでもバランスを崩せば余裕がなくなる日々。仕事への不安も残したままだ。おかしいな、スーパー銭湯で色々考えて整理したはずなのに。

 

わかっているのは考えが甘いこと。どうにも最近、平穏に生存して当たり前という思想が心のどこかにある。そんな訳ないのだ。明日、朝一番に怒られる可能性すらあるのに、仕事を失うか、叱られてメンタルを大きく病んでしまう可能性だってあるのに。

 

だからこそ今をもっと大事にしないといけないのに、グダグダ酒を飲み、テレビやYoutubeを見て過ごしてしまう。段々と平日と休日の境がなくなってきているのかもしれない。同じ過ごし方を繰り返すうちに休日が特別なものでなくなっていくような感覚。

 

それもこれもコロナでイベントがなくなり、遠出できなくなっているのが原因なのだが、変化が乏しくなっている分、休日をありがたく感じられなくなっているのではないか。もっと生き残れたことに、ゆっくり体を休めたことに感謝する必要がある。

 

仕事の難易度、複雑性が上がっているので、もう努力どうこうでは不安を完全に払拭することはできないだろう。能力の限界はもうとっくに来ているのだ。だからこそ心身を整えることへの重要性は増している。それと諦めること。

 

そんなこんなでもう21時だ。あと眠るまで2時間ほど、明日への不安は増す一方。考えてもどうしようもないし、ならば割り切って楽しみを追求することにしよう。今日が人生最後の日だとしたら、あなたは何をしますか?そう思って休日を過ごしたい。

 

今日はこの辺で。

今の不安の原因を探る

木曜日。今日は静かに暮らしていた。とはいえ不安は尽きない。仕事の進捗、失敗できない恐怖、意味不明な上司のアイデア、癇癪、ストレスまみれである。まだモヤモヤしているので、いっそのことしっかり向き合っておこうと思う。整理しながら書いていくので文章として変になるのはご了承ください。(いつものこと)

 

一番大きな案件が一番不安になっている。1つの失敗が命取り、検証1つでもおかしな点があれば阿鼻叫喚が生まれてしまう。検証とは一体何なのか、失敗は成功の基、母は一体どこへ。

 

どう対応していくのが正解なのか、そもそも私は一体何を目指しているのか。理想論から追求していこう。時間をかけて1つ1つをじっくり検証し、最適解を見つける。それができていない。まず第一にじっくり検証するお金も時間もない。推論一発勝負で結果を出さないといけない状況。ここからもうおかしい。

 

第二にじっくり検証できる環境がない。単に人がいないのだが、助けも求めることができない状態。正確には断られたので、当てが外れたというやつである。そこの調整を失敗したのが今の状況を作り上げた根源と言える。

 

前向きに捉えれば、それだけ大きい案件なので、失敗も大なり小なり発生する。この経験が活きる時がいつか来ると思いたいけど、その前に終わってしまう可能性の方が高い。成功者の語る成功論と同じ理屈である。

 

厄介な人物が案件に関わっているのもある。勝つか負けるか、100か0か、敵か味方か、そういう思想を持った”元”上司。かつてその思想から相手(部下)にパワハラモラハラを行い、問題になったことのある人。この人が絡んでいるので仕事がうまく回らない。競合他社といった社外ではなく、社内に戦争を仕掛け、自分の成果のみを追求する姿勢。評価は良くても評判は最悪を体現した存在。

 

協力をお願いするつもりが気付けば戦争になっていた。こちらの要求を拒否&拒否、クレーム&クレーム。頭を下げろ、謝罪しろ、お前らのことなど知ったことか。私は被害者だ。暴言&暴挙のオンパレード。ここが全てのボトルネックである。

 

ならば取るべき手段は何か。最大限の検証とバッファを取り、リスクを踏まえ、最適化する。別の手段もないか考えろ。一旦待つのも上策ではないだろうか。幸いなのはその人が高齢であり、評判も相変わらず最悪であることだ。

 

それともう1つ、今の上司。先日の口論はその後、運よく矛を収めてくれたが、こちらの対処も必要だ。まずは検証結果を確認して、周囲と相談、そのうえで慎重に話を進めていくしかない。ただし悪い結果が出た時点でゲームオーバーなのが厄介。

 

最後の不安の種が”検証”それ自体。サンプル数が圧倒的に足りない。ほぼ一発勝負なので仮に上手くいっても確証が持てないのだ。偶然の成功や失敗に左右される仕事、予算と時間さえあれば・・・。愚痴ってもしょうがない。現実を背負え。

 

視点を変えろ。これも人生なのだと。こんなギャンブルみたいな生き方、いつか破綻する。失敗も含めて人生を長い目で捉えろ。その経験が私には圧倒的に欠けている。

 

最近使われなくなった”人生100年時代”。これの真の意味は100年間、無事平穏に生きられるという訳ではなく、喪失、破滅をしてもなお生き残る方法を確立せよということではないだろうか。

 

投資、M&A、一見いい言葉に見えるが、そこには数多くの失敗も存在している。人生だって同じ、大いなる損失を産み出す経験も存在するのだから、そこで上手く受け身を取れるか否かが今後の人生における必須スキルな気がしている。

 

大分、整理ができてきた。かなり落ち着いてきたと思う。①結果は結果でしかない。冷静に見つめ、そこからどう動くかこそが重要である。②失敗した時に受け身を取れるよう構えろ。床にマットを敷け、体の力を抜け、柔らかい素材を身に着けろ。③時間も使え、環境が悪いのは確かだ。流れを待て。④過去の経験を思い出せ。30年余りだが、今と近い経験が必ずある。そこにヒントもあるはずだ。

 

眠るときに合わせて過去を振り返っていこう。昔の私は同じ状況をどうやって生き残ってきたのか思い出しておこう。

 

今日はこの辺で。

何やってんの

上司と口論になった。何でか自分でもわからない。本当に余計なことをしたと後悔すれど時既に遅し。

前提にモヤモヤしていたのはある。自分が作った資料が全く使われなかったこと。それを言う訳にもいかなかった状況。決まらない責任。残った課題。

それともう1つ。上司への不満。前からずっと感じていたこと。それは“信用されていない”だ。正確には上司からの評価が周囲に比べて低いことだ。

何を言っても、何をしても否定される(気がする)。余計なことをするな、必要ないとか、私が発言する度に侮蔑の態度を示す(気がする)。前の失敗を根に持ち、事ある度にそれを蒸し返す。「お前、前に失敗したからな」と言われる。

実際そうなのではないか?もちろんそう考えた。治すところや弱みは確かにある。でも明らかにおかしいのだ。上司からだけ“頼られない”のだ。邪魔なヤツだと見られている(気がする)。

承認されない不満。否定され続ける不満。過去に縁を切った人たちと全く同じ傾向がそこにはあった。

性格診断を見る。私は拘束を嫌う。一挙手一投足を制限されるのを嫌う。今、まさにその状態だ。

上司を尊敬していないのも問題だ。要は“頼れる”ところを見たことがない。

些細な不満から疑いが生まれ、認知が歪み、衝突してしまった。何やってんのマジで。

あぁ明日からどうしようか。謝ったって何の意味もない。完全に詰んでしまった。それでもやっていくしかない。

今日はこの辺で。

長期計画

連休最終日。今朝はファミレスにモーニングを食べに行ってから書店へ。一通り見て回ったけどいいものは見つからず。そのまま買い物を済ませ、早めの昼食を取り、昼寝。目が覚めてからスーパー銭湯に向かいじっくり湯につかる。こちらも早めの時間だったので混雑もなく久しぶりにゆっくり考え事ができた。

 

この先のことを考える。仕事の方はどう考えても65歳はおろか、60歳ですら無理だと思っている。現時点でリストラが始まっているし、今後もその傾向は加速する。つまり優秀であり続ける他、生き残る術などない状況。(ヾノ・∀・`)ムリムリ。

 

よって無能な私が取れる選択肢は早期リタイアしかない。スキル?副業?それができる人はそもそもリストラも無縁であるはずだ。では後何年働けるのか、逆に後何年働けばリタイアできるのか。それを湯につかりながら黙々と考える。

 

必要な生活費、今の貯金と推移、車や家具家電の買い替え、引っ越し、寿命をいつとするのか。計算した結果、”最速”でもあと10数年は必要だと判明した。これでも30年以上働くケースより現実味があるのが残念だ。そもそも節約して隠居する方法を取れば、直ちに実行できるはできるのだが、それは不眠や動悸、吐き気、情緒不安定、体が動かないなど、心身の不調が2ヶ月以上継続した時の緊急手段に留めておく。

 

あとはその10数年をどう生き残るかだが、私生活では高級マンション、高級車、高級ディナー、高級品、海外旅行など、とにかくローンを組むような”高額”な買い物をしないこと。家具家電は大事に10数年は使うこと。衣類は数を絞って使い潰すこと。要は大金と無駄遣いを避けることを継続する。とはいえ次に買い換えそうなのはパソコン、BDレコーダーなのだが、これは計画に含めてあるし、車検や税金も同様である。

 

趣味の方は現状を継続する。ライブ、イベント、ゲーム、スーパー銭湯、ネット、マンガ、アニメ。これらを捨てればもっと早くリタイアできるけど、何のために生きているのかもわからなくなりそうだ。日常に同じくらいの幸せを見出せればいいのだが、それができれば苦労はないし、そもそもリタイアなどという言葉すら出てこないはずだ。

 

最後は仕事。これが予測できないし、今と同じように10数年も生き残れる保証はない。ゆえに目先のことに追われつつ何とかやっていくしかないようだ。何だかんだこれまでもそうして来たのだから。まずは年末まで生き残れるように、明日をやっていこうと思う。

 

今日はこの辺で。