私にはもう時間がない

日々の出来事に対する議事録のようなもの

切れた糸

やる気が出ない。ドタバタ続きで数ヶ月かかった
大型案件が小休止となった。まだまだやっておく
処置は沢山あるけれど何もする気がしない。

ほったらかしにしていた他の案件に目を向ける。
一先ず簡単かつ私が手を出さなくてもいい案件は
済ませたが、残った自分の面倒事からは目を背け、
昨日はさっさと帰ってしまった。

帰ったからといって、特にやることがない。
イベントもないし、趣味のストックも尽きたので、
今は人生のモチベーションがない状態である。

それでも何故早く帰るのか?それは食事と睡眠、
ネットを見るのが唯一の楽しみだからだろう。
何だか虚しい気分になってくる。仕事をする
理由も虚ろになっており、足取りが重く感じる。

ノルマは相変わらず、上層部は“報告会!”と叫ぶ。
モチベーションが低い今、叱責を受ける可能性は
いつもより高くなりそうだ。さてどうしたものか。

やらないといけないことは山積みなのに、
やる気はなし。それでも、そんな状況でも、
糸が切れても、それも含めてやれることを
コツコツやっていこうと思う。

“果報は寝て待て”、“千里の道も一歩から”

大昔からあるこの言葉も、今の私と同じ状況下で
産まれたのかもしれない。

今日はこの辺で。

理想の口元

週始め。朝一番に先週やった仕事のミスが発覚。
損失も発生したので凹んでしまう。事前の予測と
失敗の可能性を小さく見積もっていたのが原因だ。

もう後の祭りなので、どっかで上層部に報告して
お叱りを受けるしかない。これが社会のルール。
“ごめんなさい”で済むほど世の中甘くはないのだ。

言い訳をするなら、スケジュールがタイトすぎて
リスク評価をする時間がなかったことだろう。
それも能力不足の一言でなぎ払われるだけだろう。

仕事はさておき今日の本題。最近、気になる人が
いる。正確には“ついつい見てしまう”のだ。

その理由は多分、その人が最近マスクをして
仕事をしているからだろう。ハッキリとした目が
端的に私の感性を惹いている。調べてみると
“空間補完効果”というものらしく、マスクで隠れた
部分を脳内で理想的な形に補完しているそうだ。

何と相手に失礼なことを私はしているのだ・・・。
反省するとともに、今度は自分の脳内にある
“理想的な形”が気になってしまう。

自分でもわかっているのは、シャープな輪郭、
ハッキリとした目、キリッとした眉、筋の通った
高い鼻、長めのストレートヘアーである。

じゃあ口元は?そう考えて理由がわかった。
そこは私の中でまだ定義されていない。
ゆえにマスクをしているあの人が気になるのだ。

不謹慎で失礼であることを謝罪しつつ、それを
止めるためには、私にとっての理想の口元を
定義する必要がある。我ながらキモいのだが
ちゃんと考えてみようと思うのであった。

今日はこの辺で。

月末に思うこと

出典:いらすとや https://www.irasutoya.com/

 

週末。〆切りに追われつつ、上司と揉めつつ、

何とか切り抜けたけど、まだまだ仕事はあり、

来週も〆切りに追われる日々が続きそうだ。

 

単なる愚痴だが、上司が指示・提案をくれない。

口を開けば「どうするの?」「それは危ない」の

繰り返し。じゃあどうしたいの!?という感じで、

対案を出すか、せめて決断ぐらいして欲しいのだ。

 

時間に余裕があれば、ベストな案を考え、段取りを

整え、根回しもできるけど、それができれば仕事で

苦労なんかしていないのだ。現実は目の前にある

状況で何とかやっていくしかないのだから。

 

一方、ニュースは給付金と9月入学で持ち切りだ。

マスクも含め、貰えるのには感謝しているけど、

給付金は本当に必要とする人に直ぐ必要なだけ、

9月入学は子供の今と将来のことを考えて、

話を進めているのだろうか?

 

上手く言語化できないが、偉い人が単に自分の

野望を叶えたいような臭いを感じてしまう。

”貧困や子供のことなぞ知ったこっちゃない”

そんな人が上に立っていないことを願う。

 

それはさておき今日は休日。ゲームをやり込み、

聖剣伝説3リメイクを終わらせた。最後までテンポ

良く、サブイベントもない、シンプルな造り。

ストレスフリーだった分、あっという間に終わって

しまい、ちょっと勿体無い気分である。

 

ゲームは持っている分をやり尽くしてしまい、

趣味のストックが1つ尽きたけれど、外出自粛が

解除されて、スーパー銭湯に行けるようになった。

このタイミングで趣味が1つ復活したのは有難い。

 

そして応援するスフィアの皆さん、寿美菜子さんが

Youtubeを始めたのも大きい。さっきもスフィアの

生配信を見たばかりで、1時間とは思えない濃度で

多幸感を得ることができた。有難いことである。

 

残すはライブ・イベント、旅行の復活である。

仕事が一段落したタイミングで遠出したい。別に

観光地とか行かずとも、遠く、知らない街を歩き、

適当なお店でご飯を食べ、ビジネスホテルに泊まる

だけでも私にとっては十分なのだ。

 

ただ外出自粛のはずなのに、今月の出費は予算

5千円オーバーとなってしまった。原因は連休中の

食事が原因なのだけれど、多忙と自粛のストレスで

いつもより増えていたのかもしれない。

 

何はともあれ、現状を把握しつつ人生という

サバイバルを何とかやっていこうと思う。

 

今日はこの辺で。

自分で考えて、全部やれ

週の半ば。コツコツ仕事をしているのだが、最近
上司によく注意される。進め方とか色々と。

必要事項をまとめ、スケジュールを立てること。
人を手配すること。指摘への対応を進めること。

仕事をするうえで一般的なことなのだが、
その言い方に何だか腹が立ってしまう。言い方が
何だか関心のない他人事のように聞こえ、
その責任も持つ気がない感じがしたせいだろう。

「○○やっとけよ」=俺(上司)は見ないぞ。
「○○しとけよ」=俺はやらんぞ。
「○○するからそうなる」=俺の責任ではない。
上司の言い方がこんな感じに私には聞こえるのだ。

私の今の立場は一応、管理職の一歩手前なので、
自分で考えて、全部進めろという意味なのだろう。
単に面倒を見る気がないだけかもしれないが。

とはいえ、責任まで放棄されてはこっちも困る。
私の前に立たないのならば、貴方は一体誰なのか。

・・・いや、もう立ちたくないのかもしれない。
「しんどいから全部お前やれよ」という本音。
管理職としてはアレだが、人としては自然である。

かく言う私自身、責任は負いたくないし、矢面に
立ちたくもない。その辺は上司がやってくれよと
思っているのだが、それが通用しない場所まで
来てしまったという自覚はある。

もう誰もアドバイスはくれない。助け船も出ない。
仕事で自分を救うのは自分だけ。絶望的だが、
もう戻れないところまで来てしまった。

これまでと違う成長が求められる場所。
私が社会的に滅びる日が一気に近づいた気がする。

今日はこの辺で。