私にはもう時間がない

日々の出来事に対する議事録のようなもの

暑い⇔涼しい⇔寒い

出典:いらすとや https://www.irasutoya.com/

 

今日は眠気が強く、夕方から眠ってしまい、

日付が変わる前に目が覚めてしまった。

 

起きてから違和感に気付く。「寒い・・・」

ちょっと前まで残暑が厳しく、やっと朝晩が

涼しくなったなと思ったらこのザマだ。

 

半袖+ブランケットで眠っていたのだが

体が明らかに冷えており、喉に違和感もある。

風邪をひかないよう慌てて風呂に向かう。

(既に手遅れかもしれないのだが・・・。)

 

風呂に入っても体の芯が冷えているのか

中々温まらない。ちょっと熱めの温度にして

ゆっくり首まで浸かってジッとしていた。

 

風呂から上がってうがいも済ます。すると

今度は暑くて汗が止まらない。新陳代謝はまだ

夏のままのようだ。バランスが難しい。

 

遅めの晩御飯でエネルギー補給。ようやく

体がほどよく温まり、体調も良くなって来た。

今週は休日出勤、飲み会、不慣れな業務で

ストレスからか食事も不規則。お菓子やお酒が

いつもより多めで財布の紐が緩んでいる。

今回の休日でその辺りを修正しておきたい。

 

 気付けば夜更け。天気予報を見ると、

台風通過後にまた暑くなり、一日の寒暖差が

10℃以上になるようだ。体調不良にご用心。

布団を引っ張り出して今後の対策とする。

 

今日はこの辺で。

強みを逆手に取る

出典:いらすとや https://www.irasutoya.com/

 

ここ数日、いつもと違う業務をしていた。

色んな書類を見て、おかしなところを修正する。

国語の文章問題を解いているような気分で、

かなり脳みそを使う仕事だった。

 

普段と違う脳の使い方をしているのか、

自分の考え方の癖?が見えてくる。

 

・文章を直感的に、省略して捉える。

・前後の文章を記憶するのが苦手。

・書かれている定義をそもそも疑う。

・不足部分は経験則から補完する。

 

1つ目。長文を「適切な量」に整理するのが

苦手で、一文にまとめてしまう。しかも直感で

判断するので時々大きく間違えてしまう。

 

2つ目。文章の内容をざっくり捉えるので、

細かい部分を自動的に捨ててしまっている。

 

3つ目。捻くれているのか、〇〇は✕✕であると

書いてあると確実に疑ってしまい、

データの否定や逆説をすぐに考えてしまう。

 

4つ目。行間を読む際、一般則を当てはめず、

自分の経験で補完する・・・が、どうやら

私は一般則から外れている存在らしい。

 

こういう癖を知れば、自分がどういう状況で

間違った判断をしやすいのか予測できる気がする。

 

関係ない文章に重要っぽいフェイクを入れて、

前後の文章を長めにとる。さらにワザとデータを

胡散臭い表現にして、一般側を書かなければ

私は100%間違った答えを導き出す。

 

普段は書類の中身を素早く捉えるために、

自分の癖を活用しているが、逆手に取れば

私を騙すのは容易いことに気付いたのであった。

 

今日はこの辺で。

飲み会を楽しむ努力?

出典:いらすとや https://www.irasutoya.com/

 

飲み会。それは社会人なら誰しもが何度か

参加するハメになるイベントの1つである。

 

お酒を飲むことや美味しいご飯を食べることは

嫌いではないし、むしろ好きな方であるのだが、

年々飲み会では大人しくなっている今日この頃。

何でだろうか?色々考えてみた。

 

まず第一に、若い人もいなければ年の近い人も

いない我が部署。私を除けば平均50歳ぐらいだ。

オジサン、オバサンの過去の栄光や生々しい

下ネタを聞くのは正直しんどいのである。

 

第二に、食事やお酒を美味しく楽しみ、味覚、

触覚、嗅覚の保養はできるのだが、視覚の保養が

できないこと。一人でも綺麗なお姉さんがいれば

それだけで十分。パーフェクトなのだが。

 

第三に、話題が合わないこと。趣味や生活の度合も

かけ離れている。加えてほとんどが地元民なので、

地元の話をされてもピンと来ないのである。

 

第四に、テンポの悪さ。幹事の段取りに

個人差はあれど、正直イライラするレベルなのだ。

 

さて、ここまで主観的なグチを溢した訳だが、

視点を客観的に変えてみようと思う。

これらは単に私の努力不足ではないだろうか?

 

「郷に入りては郷に従え」という言葉がある。

話題が合わないのではなく、私が合わせる努力を

怠っているのである。地元民と同じような趣味、

生活をする視点が欠けているのではないか?

 

若い人がいないのもお互い様。もっと気を使って

私が探してくるなり、道化になるなりすればいい。

下ネタだって、過去の栄光だって、笑ってノリを

合わせる努力を怠っているだけである。

そもそも同世代しかいないくても、話題が合うとは

限らないし、結局は一緒な気がする。

 

合わない、合わせられないなら行かなくていいし、

飲み会を楽しめるかどうかは環境だけでなく、

自分にも依存していることを忘れてはならない。

 

さらに視点を変えると、飲み会は「楽しむ場」

ではなく、色々「学ぶ場」ではないだろうか?

もっと年上の人たちの生き様、ノウハウを

しっかりと聞くことも大切ではないだろうか。

それを冷めた目で、気取って見ている奴に

グダグダ語る資格などないのではないだろうか。

 

自分も年下から見れば、つまらない人間の側に

立っているかもしれない。気を付けねば。

そんなことを書きながら思うのであった。

 

今日はこの辺で。

一言に込める

出典:いらすとや https://www.irasutoya.com/

 

早朝に目が覚めたので、久しぶりに洗車をして

朝食を食べに行き、そのまま本屋へ向かった。

気に入った本は見つからなかったが、よく読む

作家さんの新書(ミステリー)が再来週に出る

ことがわかり、購入を一旦我慢することにした。

 

そういえば最近、ほとんどビジネス書や

ライトノベルを読まなくなったことに気付く。

 

ビジネス書は読めば賢くなる気がするのだが、

「〇〇をしろ!」「生き残れない!!」など

不安を煽る言葉が多く、表紙で腕組みをした

強面の著者が大声でそれを述べている。

 

もしその通りに真似をしたら、生き残れるのかも

しれないが、それと引き換えに強面のおじさんに

なってしまい、日中は部下に恫喝を繰り返し、

夜は高級クラブで人を侍らせ、週末はゴルフで

外交を行う・・・そんな人生が待っていそうで

嫌だなということに気付き、読むのを辞めた。

 

ライトノベルは何でだろうか?単に年を取って

ファンタジー、学園モノがわからなくなってきた

からだろうか。感情移入ができないというか。

 

変わりに?ふらっと映画を観に行くことにした。

www.violet-evergarden.jp

映画館に行くのは久しぶりで、以前は会社の同僚と

観に行ったのだが、自分で選べず、内容も微妙で、

本編前に流れる他の映画予告がピークで終わった。

 

今回は応援する寿美菜子さんが声優出演かつ、

評判も上々なのは知っていた。朝一だったので、

割引価格で購入でき、地方かつ公開から時間も

経っており観客も少なめだったので、センターで

じっくり観ることができた。

 

以下、少しだけネタバレあり、ご了承ください。

 

感想だが、1時間半とちょうどいい長さで、

映像は言うまでもなく美しく、ストーリーも

一本道で複雑な伏線もなく、ラストシーンも

途中から何となく想定できていた。

 

さて、どのようにして観客を泣かせにくるのか?

そんな野暮なことを考えながら観ていたのだが、

いざラストを迎えると想像以上であった。

 

シンプルな構図で台詞も最小限。ただし

その「一言」にとてつもない想いを込めていた。

まさに一撃必殺。私の涙腺は溢れそうになった。

 

泣かせるだけなら、大げさに音楽やカメラワーク、

キャラを動かして叫ばせればいいのだが、あえて

シンプルにすることで観客に想像をさせたのだ。

 

一言でキャラクターの背景、感情を想像させる。

これが如何に難しいことか、素人の私でもわかる。

何百、何千文字も使う方がわかりやすいし、

日常でもそういう説明の仕方を求められるのだから。

 

それをやってのけた寿美菜子悠木碧さんの演技。

声優ってスゴイなと改めて思うのであった。

 

余談だが、声優の演技が苦手で、自然さ?を求めて

敢えて俳優を使ったり、説教臭いメッセージを

込める作品があり、それはそれで作者の意図なので

とやかく言うつもりはないが、観客との齟齬を

避ける為にも、その辺りは事前に伝えて欲しい。

(なお以前、同僚と観た映画はその類だった。)

 

一言では難しいかもしれないが、言葉にしないと

伝わらないモノだってあるのだから。

 

何はともあれ、京都アニメーションの素晴らしさ、

声優の凄さに改めて気付けたので、良い体験に

なったと思うのであった。

 

今日はこの辺で。

何もない休日

出典:いらすとや https://www.irasutoya.com/

 

お盆以来、週末は出勤、資格試験、ライブと

出掛けていることが多く、今日は久しぶりに

何の予定もない一日だった。

 

たっぷり寝て、美味しいご飯を食べて、

生活雑貨を買いに行って、ゴロゴロしていた。

何もしていないのに幸福感が高いのは不思議な

ことだが、大事な感性だと思う。

 

体力、気力が回復してきたのか、少し退屈も

感じてきた。何事もバランスは大事である。

 

明日は何をしようか。最近、本を買っていないので

本屋を覗いて、その足でスーパー銭湯に行こう。

私にとってはパーフェクトな過ごし方である。

 

上記のような、贅沢をしなくても幸福感を得られる

考え方、過ごし方を知っておき、維持することは

これからの人生においても重要だと思う。

 

それともう1つ重要なのは無駄遣いをしないこと。

缶コーヒー、ペットボトル、お菓子、ついつい

コンビニで買ってしまう。塵も積もれば山である。

もっとも、大きな無駄遣いをしなければ多少の

買い食いは誤差であるのだが・・・。

 

じゃあ大きな無駄遣いって何だろうか?

高額な服や家電とか、買ったはいいが、

ほとんど使わなかったモノ。ギャンブル、

交通費(片道1万以上)、飲み会(5千円以上)

お金のかかる遊び?(ゴルフとか?)、株、FX、

仮想通貨などの投資。役に立たなかった勉強。

時には良いんだけど、常態化するとNG。

 

幸い、いずれも該当していないので貯蓄に

回しているが、それはそれで経験という名の

何かを捨ててきていると思うと、それでも

いいのか未だにわからない。その辺にいつか

気付く日がやってくるのかもしれないし、

もう既に影響を及ぼしているかもしれない。

 

結果論かもしれないが、今日において私は

とても幸せだったので感謝しておきたい。

 

今日はこの辺で。

夜中に自分を見つめなおす

出典:いらすとや https://www.irasutoya.com/

 

今週も終わり。仕事はドタバタ、トラブル続出で

溜息が出てしまうが、いいキッカケでもあるので

次へ進む布石と考えて対応する。

 

ここのところスローライフが続いており、

今日もほぼ定時で帰ることができた。

やらないといけない仕事は多々あるがその全てを

私が担当している訳でもないし、今のところ特に

指示されていない以上、無理して取り組む必要も

ないと判断したのである。

 

その辺は空気を読むのが適切かもしれないが、

色々手を出し過ぎて、ここ数年失敗しているので

時には割り切りも大事だと自分に言い訳をする。

 

帰ってもやることはなく、晩飯を食べてすぐに

寝てしまった。その結果、日付が変わった辺りで

目が覚めてしまい、今に至る。

 

ここ最近、ぼんやりと考えていることがある。

 

「今後、私はどういう人間になりたいのか」

 

日に日に「まとも」から離れている気がする。

では、私の思う「まとも」って何だろうか?

それは今現在、私が認識している人たちの環境を

脳が勝手に集計して、平均化した結果なのだろう。

 

結婚していて、子供がいて、家も買って、

ある程度の貯蓄もあり、休日は旅行に出かけたり、

家族同士で交流を深めたり、そんな感じである。

このご時世、それが平均ではないのは知っている。

でも私の周りに限れば、多少違いはあれど概ね

そんな感じなのだ。平均とは何ぞや?である。

 

そんな人たちは私よりも多くのモノを背負って

いるのに、精神的には私よりも安定しており、

羨ましく思いつつ、自分が情けなくもなる。

 

 一方の私は?ここ数年、精神年齢が止まっている

気がしている。体力は明らかに落ちているのだが。

大人のフリをした若造。そんな表現が適切である。

 

これは環境に依存している・・・と思っている。

若い人が周りにおらず、下が一向に入ってこない。

要はずっと下っ端のままなのである。

 

そんな状況整理ができたところで、

私はどうなりたいのか。考えていこうと思う。

 

まず私が「まとも」にこだわる理由は、

その方が仕事や生活がし易いからだろう。

 

「人は見た目と言動、雰囲気でほぼ決まる」

(中身も伴っている必要があるのだけれど)

 

残念だが現実は非情である。ニュースで大人が

事件を起こしているのを見る度に思ってしまう。

 

全くしんどい世の中である。自由を謳歌すると

声高々に喧伝していた人たち、どこいった?

観測対象が年々減少しており、皆「まとも」に

なってしまったのだろうか。もしくはその壁の

前に撃沈してしまったのだろうか。

 

社会適応のハードルは年々上がっているのに、

「まとも」のハードルが下がらず、結果多くの

人が自分は劣っていると錯覚する社会・・・。

そんな中、私はどう適応するのが正解だろうか。

 

適応を全て放棄して、自堕落に生きるのはマズイ

気がする。わざわざ自分からズレていくのを

許容するほど現代社会は甘くないのは知っている。

 

ならば自分がズレているのを背負いつつ、それでも

息を切らしながら、ギリギリまで足掻くのが最善か。

 

体型は、メタボリックになるのを避けつつ、

マッチョ過ぎて厳つくも見えない様にする。

 

言動は、マウントを取らない様に、無能を

晒さない様に、忖度もほどほどにしつつ、

わからないことを聞く姿勢は失わない様に。

(沈黙が金とはよく言ったものだ。)

 

雰囲気は、馬鹿笑いしたり、隙だらけだったり、

フワフワしたり、ソワソワしたりしないで、

じっくり落ち着いて腰を据えている様に。

(あくまで仕事、生活上の話である)

 

結局、中身が伴っていないと意味はないのだが、

見た目から入る。何事も型から入る。という

言葉があるので参考にしたいと思う。その上で

「楽しいことを探していく心」は失わないように

注意していきたいと思う。

 

今日はこの辺で。

「まとも」から外れていく夏

今週のお題「夏を振り返る」

出典:いらすとや https://www.irasutoya.com/

 

気付けば夏も終わり・・・のはずなのだが、

相変わらず暑い日が続いており、何を以って

夏の終わりとするのか未だによくわからない。

 

今年の夏は・・・とベタなことを書きたいが

そんなモノはなかったので単なる総括を。

 

今年は(も?)イベント、ライブ、美術鑑賞と

お出かけは月1回ペースで行っており、

勉強・仕事の合間にメンタル調整もしっかり

出来ていたと思うが、海、山、川、BBQなど

一般的な?誰かとの旅行はしていない。

 

仕事の方はどうか?トラブルも多く、ドタバタ

していていたが何とか生存している。ただ

今日の帰り際、トラブルの予感を知らせる音が

携帯から鳴り、憂欝はまだまだ続きそうである。

 

ブログを振り返る、メンタルにリンクして

6月は人間関係、7月は仕事関係で悩み、

8月は諦め?の境地になっていた。今は少し

持ち直してはいるので幸いである。

 

こうして見ると、年々まともな人達から離れて

しまっている気がする。だけど最近こうも考える。

 

ぼちぼち自分の生き方を定義したらどうか?

 

と言っても、いきなり独立したり社会に逆らう訳

ではなく、それも踏まえつつ自分のやり易い方へ

ちょっとずつ進路を向ける程度である。

 

今まで社会(多数派)の流れ、レールに沿う形を

取っていたが、もうその先に行けない気がしている。

資格というか条件を満たしていない感じがするのだ。

 

テーマから脱線し始めたので、この辺で〆るが

自分の生き易い場所を探し始めようと思う。

 

今日はこの辺で。