私にはもう時間がない

日々の出来事に対する議事録のようなもの

秋の夜長

連休2日目。今日は本当に何もしていなかった。惰眠を貪り続け、ようやく体力が回復したので夕方になって思い付きで買い物に出かけた。車を走らせながら周辺の風景を見ると、イチョウの黄色い葉や道路に落葉がたくさんあるのを見かける。午後4時ごろだというのに周辺が既に暗い。どうやら秋から冬に季節が移動しているようだ。

 

ささっと買い物を終えたのに帰る頃には辺りは真っ暗で、冬というかこの時期は本当に夜が長いことを実感する。コロナで外出する機会も減った今、外の暗さが何だかこの世の終わりにすら感じる。ゲームでいう世界崩壊後のような感じで、退廃感ってこういうことを言うのかもしれない。

 

やることがないのでニュースをじっくり見る。案の定?明るいニュースを見かけない。最多記録を更新し続ける感染者。感染の不安を抱えたままの旅行。飲食・観光業どころかほぼ全ての業種にまで影響が出ている不景気。にもかかわらずよくわからない動きをする株価。貧困、不安と不寛容によって引き起こされる事件。オリンピックもどうなるかわからない。

 

私自身に話を移すと、仕事の方はいつ本気で潰されるかわからないプレッシャーがあり、会社では構造改革という名のリストラも始まった。会社都合とはいえ、呑気に引っ越している場合かよ!と自分にツッコみたくなる。もっとスキルアップを!成果を!節約を!貯金を!努力せよ!と頭の中で誰かが叫んでいる。人間関係とストレスで今を乗り越えるのもやっとなのに、先も見越しておかないと人生詰みになってしまう不安。どんなゲームバランスだよ、ハードモード過ぎるだろ。

 

趣味の方は、ゲームは買いたいタイトルもないのでしばらくお休みになりそうだ。旅行といってもライブ・イベントを兼ねて東京の色んな場所をぶらぶらするのが好きだったけれど、今年は2月以降全くできていない。何度かチャンスはあったのにその都度コロナが流行するのだからどうしようもない。

 

博多、広島、神戸、大阪、京都、名古屋 etc. 色んな街に何度も足を運んだことがあるけど、都会のビル群、立ち並ぶ新築高層マンションや住宅地、大きな量販店、オシャレな喫茶店、広い公園、下町の神社にお寺、それらが狭い範囲で一堂に会しているのは東京だけだと個人的には思っている。

 

今日も今日とてスフィアの全曲ライブBD(n 周目)を見ながらこれを書いているけど、もしかしたら映像のような光景はもう二度と見れないかもと思ってしまう。大きな会場に沢山の人が集まって歓声を上げるのは1年そこらでは難しいだろうし、何より私自身がそこまで生き残っている可能性の方が低いと思っている。

 

ただ長い目で見てみると、古代から様々な理由で世界は戦、飢饉、病、貧困を繰り返してきた。書物の中だけだと思っていた歴史の流れを私も辿るのは必然であり、結局は適応することが求められるのだろう。それは自然淘汰とか弱肉強食とか自己責任とかの話ではなく、もっと大きな歴史の流れ、運命とか呼ばれる類のようなものなので、足りない知恵でも絞って毎日をサバイバルしていくしかないんだろうな。

 

何だかキナ臭い話になってきたのでそろそろ止めておこうと思う。何はともあれ自暴自棄にならず、適度に現実逃避しつつ、目の前のことに集中してやっていこうと思う。

 

今日はこの辺で。

自粛と適応疲れ

休日。仕事でイライラ・ドタバタしながら何とか生き残ってきた数週間、ようやくの連休である。気付けば今年も後1ヶ月ちょっと、何とか生き残れるよう祈る。

 

世間はまたコロナが流行しており、メディアや政府は原因を探っているけど、おそらく規制緩和による混雑の復活、油断によるマスクなどの対策不足、季節変動による気温低下と乾燥。これら3つに集約されるのではないか。夜の街とかGO TO 〇〇とか特定の要素ではなく複合因による結果だと個人的には考える。

 

裏を返せばその3つに集中して対策すれば防げるのではないか、火災の3要素である酸素、着火原、可燃物と同じ考えのように。混雑を避け、乾燥(寒い)した場所を避け、マスクと消毒をしていれば問題ない気がするけど、上手くいかないのは経済や自粛疲れが関係していると思う。

 

自粛疲れについて、室内にいること自体をストレスに感じる人、あるいは室内で過ごすことに適応し切れていない人だって多数いるのが自然だと思う。週末はいつも外で過ごしていて、それしか知らない人から見れば今は本当にキツイと思う。その他、体調が悪いのに”損するから”と出かけてしまう人、マスクや消毒剤がなくなった人、環境の悪い場所で働いたり住んでいる人。個人のモラルもあるけど”そうせざるを得ない”状況に置かれている人もいるはずで、そっちへの対策というか支援が行き届いていないような気がしている。

 

引き締めはまた強くなるし、今できるのは引きこもりつつ年末までに収まることを祈るしかない。流石に年末年始もジッとしていなさいと言うのは無茶な気がするし、それこそ経済が死んでしまう。ワクチンは早くても来年以降だろうから、ここが踏ん張りどころなんだろうな。

 

私の方はというと、引っ越しの準備にここ数週間追われていたのだが、残す作業は引っ越してからになるので、久しぶりに何もしていない。疲れも溜まっていたので今日はひたすら寝て、スフィア関連のYoutubeを見て、今は全曲ライブBDを見ながらこれを書いている。室内でできる趣味を持っていて良かったと再認識する1日だった。改めてスフィアの皆さんに感謝します。ありがとうございます。

 

何にせよ社会への適応はまだまだ要求される。私自身もライブ・イベントを縛られている状態にいつ疲れるかはわからない。それでいて仕事のしんどさは変わらないのだから、ちょっとでも気を抜くと自粛どころか人生に疲れてしまいそうだ。今年もあとわずか。油断せずやっていこう。

 

今日はこの辺で。

引っ越し・お金・不安

休日。ここのところ毎週末は忙しい。引っ越し準備と家への仕事持ち込み、趣味(スフィア関連)をやっていく内に土曜日はあっという間に過ぎ、気付けば日曜日。疲れが残っているので睡眠がメインとなり、またあっという間に夕方。あとはスーパー銭湯に行って帰りに買い出しに出かけて終わってしまう。充実はしているけど充足はできていないのが正直なところだ。

 

引っ越し。家具家電の購入と契約はあらかた済み、小物類の買い足し、断捨離、住所移行の手続きが残っている。手続き類はコツコツやれば終わるけれど、問題は”お金”。初期費用と合わせて50万円ほどかかり、貯蓄計画を見直す必要に迫られている。

 

改めて今年の貯蓄状況を確認する。現段階では前年度以上のペースだが、この先は停滞が続くので考えを修正する。当分(10年以上?)はそれで戦っていくのだから、リターンを考えれば十二分な投資なのだが、貯蓄ペースが伸びないだけで不安(不満)になる自分がもどかしい。そもそも不景気だから伸び悩むのも当然なのに、心からそれを理解できていないのが悩ましい。

 

私にとって貯蓄はゲームでいうHPと同じ概念で、増えれば増えるほど、満タンに近ければ近いほど長期生存(安心)に繋がると信じている。とはいえ社会の厳しさから、増やせる確率は年々減少していると肌で感じているので、一刻も早く、増やせるうちに増やしておきたいという焦燥感に駆られているのだ。

 

また50万という金額をダメージとして捉えると結構痛く、取り戻す(回復する)のにどれだけ頑張っても数ヶ月はかかる。1ヶ月でも社会を生き抜くのは結構しんどいのに、それを数か月やらないと取り返せないほどのダメージ。なるほど不安になる訳だ。

 

心理的要因を排除するのであれば、分割での支払いや購入をすればよかったけど、タスクとしての引っ越しをさっさと片づけてベストな状態に復旧したいという考えがあった。現状、私のCPUの半分は引っ越しに使用されており、仕事に割ける容量が減っている。それが嫌で全部一括で済ませることにしたのだが、結果として不安を産み出してしまっている。本当に不器用というか臆病だな私。

 

ここまで一気に書いて、自分の中の認知の歪みが大分見えてきた。もうちょっと前向きに捉えていこうと思う。

①引っ越しを今、一気にやっているのは”正解”。なぜなら今、仕事のCPUに余裕があるのは”偶々”であり、分割したり後回しにしても心身に余裕が出るとは限らない。

②貯蓄について、引っ越しは想定より数年早まったけど、どのみち行う運命だったし、コロナの影響で今年は全く外出していないのもあり、ペースはむしろ上がっている。その分を投資(引っ越し)に回す機会は今が最適だと思う。

③人生のハードルについて、今のペースでの貯蓄、生活水準は正直しんどいとも感じていた。お金を使うことに”怯え”すら感じている今の状況は正常とは言い難い。

 

③について掘り下げる。浪費のし過ぎは生存確率を下げるが、節約のし過ぎは満足度を低下させる。慣れもあるけど、私よりずっと年上の築年数、お世辞にも治安が良いとは言えない今の住居、古い家具家電に囲まれた生活がメンタルに悪影響を与えているかもしれないのだ。

 

タバコのポイ捨ては当たり前、ゴミの捨て方1つ理解していない近隣住民。PS4では文字が見えなくなるほど小さく映るテレビ。冷凍食品、飲み物は1~2個しか保管できないホテルサイズの冷蔵庫。今時珍しいタイプの風呂・トイレ。料理など到底できないキッチン。こんなネガティブな考え事を切り替えることができないワンルーム

 

住めば都とは言うけれど、井の中の蛙大海を知らずという言葉もある。良い方向に環境を変える。今回はそのための投資で、全財産を費やす訳でもない。あとは”変化”に脳を慣らす訓練も行わないといざという時に適応ができなくなってしまう。いつかはやらないといけないのだから、今はむしろ良い時期だと思うし、さっさと済ませて生存確率を向上させていこうと思う。

 

今日はこの辺で。

それ本当に必要?

今日は朝からお出かけ。昨日買い損ねたカバンを求めてイオンへ行ってきた。丁度?レジャー特集をしており、求めていたショルダータイプの小旅行カバンを入手できた。

その足で家電家具を見に行く。目的は下見だが、これが予想以上に時間がかかった。一種類ずつ家電を見て金額をメモしたのだが思ったより数が多い。昼食を挟んで家具も見た結果、3時間以上を要してしまった。

帰ってから見積を合計すると30万。初期経費と合わせると50万オーバー・・・。ちょっと考え直した方がいいかもしれない。

高いモノから必要性を見直す。
①テレビ:今は26型、15年ぐらい使用。壊れていないし不便もないけど、ライブBD、ゲームを大画面で見たい。
②洗濯機(乾燥付き):干す手前を短縮したいけど、そもそも数が少ないので時間もかからない。
③電子レンジ(多機能):トーストを食べたいけど、朝食は食べない派。
④ベッドフレーム:地べたにマットレスでええやん。でも何故か欲しい。

この辺を削ると10万ぐらい安くなるんだけど、その分生活水準は上がらない。今後を考えると今が投資のタイミングだし、もう少し考えていこう。

今日はこの辺で。