私にはもう時間がない

日々の出来事に対する議事録のようなもの

言い訳は無意味だ

ウイルスが流行り、仕事にも影響が出てきた。
会議・打ち合わせの縮小がアナウンスされたのだ。

損失が出るほど重要な案件もあるのだが、上司の
上司から最低限の時間と人数しか与えないことを
告げられ、私の負荷が大きくなってしまった。

「しょーがねーだろ。お前だけで何とかしろ」
「クオリティは落とすな。わかってんだろうな?」
何故かキレ気味で言われた。何でそうなる・・・。

言い訳しないよう、釘を刺したつもりだろうけど、
ぶっちゃけ無理である。ちくしょー・・・。

やれるだけやって、ベストを尽くしました!
最低限は担保しました!と後で言うことにする。
(という時に限って、批判と指摘をされるのだが)

この社会では、言い訳は悪とされており、
劣勢ほど失敗ではなく、成功を求められる。
その癖、後で「ウイルスのせいで」と政治家や
経営者は堂々と景気悪化の理由を述べるのだろう。

とはいえ、言い訳をしても事態が良くなることは
そもそも稀なので、愚痴をこぼすのもそこそこに、
何とか足掻いてみようと思うのであった。

今日はこの辺で。