私にはもう時間がない

日々の出来事に対する議事録のようなもの

考えて喋ろう

週の始め。朝から不安に襲われる。溜まった仕事、
迫る期限、終わるかどうかわからない。結果として
何とかなったので杞憂だったようだ。

それでも不安で一杯だったのか、今日はほぼ定時で
帰宅した。色々と発言で失敗をしていたのだ。
最近ずっと忙しく、一人でやっていたこともあって
言語能力と思考力が落ちていることに気が付いた。

まずは朝。所謂ミーティング・朝礼があり、
予定や仕事の進捗について発言を求められた。
なのに私は「特にありません」と切ってしまった。

「○○については~で、今日は△△をします」と
適当に言えばいいのだが、仮にそう言ったところで
私が得をする訳ではなく、むしろ周りから色々
言われるリスクの方が高い。ゆえに黙ったのだ。

そんなことをしていると端的にコミュ力が落ちる。
人が何を言っているのか理解できなくなるし、
的外れな回答さえしてしまう。

昼前。会議で発言したのだが、意図が伝わらない。
相手に「言ってる意味がわからない」と言われた。
なお自分でも何が言いたいのか、何の議論なのか
よくわかっておらず、ただただ惨めだった。

午後。反省しつつ、よく考えて仕事をしてみる。
一人でやる分には問題なさそうなので、やはり
コミュニケーションが上手く出来ないようだ。

会話のテンポに頭の回転が追い付いていない。
黙っていればいいのだが、それはさらなる能力の
低下に繋がる。会社の“評論家”や“クレーマー”とも
時には仕事をしないといけないので、ある程度は
交渉できるスキルがないとしんどいのである。

彼らは正義の名の元に、好き放題言ってくる。
それでいて何の協力もしないのだから質が悪い。
「あえて意地悪な質問をするけど」が口癖である。
マウントを取って責任は取らない。いい御身分だ。

愚痴はさておき、仕事を進めるうえで優秀な方々の
力も大いに借りないといけない。その人たちと
マトモな会話ができるようにはなっておきたい。

まずはもっと色んな人と雑談をしていこうと思う。
一人で忙しかった分、リハビリが必要だ。
仕事だけでなく趣味や生活の話を誰かとしよう。
日本語のリスニングとスピーキングを鍛えよう。

しんどいけれどちょっとずつやっていこう。

今日はこの辺で。