私にはもう時間がない

日々の出来事に対する議事録のようなもの

自分で考えて、全部やれ

週の半ば。コツコツ仕事をしているのだが、最近
上司によく注意される。進め方とか色々と。

必要事項をまとめ、スケジュールを立てること。
人を手配すること。指摘への対応を進めること。

仕事をするうえで一般的なことなのだが、
その言い方に何だか腹が立ってしまう。言い方が
何だか関心のない他人事のように聞こえ、
その責任も持つ気がない感じがしたせいだろう。

「○○やっとけよ」=俺(上司)は見ないぞ。
「○○しとけよ」=俺はやらんぞ。
「○○するからそうなる」=俺の責任ではない。
上司の言い方がこんな感じに私には聞こえるのだ。

私の今の立場は一応、管理職の一歩手前なので、
自分で考えて、全部進めろという意味なのだろう。
単に面倒を見る気がないだけかもしれないが。

とはいえ、責任まで放棄されてはこっちも困る。
私の前に立たないのならば、貴方は一体誰なのか。

・・・いや、もう立ちたくないのかもしれない。
「しんどいから全部お前やれよ」という本音。
管理職としてはアレだが、人としては自然である。

かく言う私自身、責任は負いたくないし、矢面に
立ちたくもない。その辺は上司がやってくれよと
思っているのだが、それが通用しない場所まで
来てしまったという自覚はある。

もう誰もアドバイスはくれない。助け船も出ない。
仕事で自分を救うのは自分だけ。絶望的だが、
もう戻れないところまで来てしまった。

これまでと違う成長が求められる場所。
私が社会的に滅びる日が一気に近づいた気がする。

今日はこの辺で。