私にはもう時間がない

日々の出来事に対する議事録のようなもの

不安・緊急・恐怖

お盆明け。今週はめちゃくちゃキツかった。仕事の失敗から始まり、急な報告、間に合わない資料、上司からの叱責、メンタルとフィジカルのどっちも破壊し尽くされた。

寝付きはいいのだが、夜中に目が覚めて眠れない。緊張が続き寝不足になるわ、胸が苦しくなるわ、吐き気まで催す始末。水曜をピークに今は少しだけマシになったけど、これを書いている今も自分の心臓の音が聞こえる。

頭から仕事の悩みが消えない。不安要素がありすぎて落ち着くことができない。さぁどうする。

目を瞑り横になっても眠れそうにないので、気晴らしに録画を見る。何もしていないとネガティブな思考を反芻してしまいツラい。

それでも冷静に状況を捉えてみる。何もかもが失敗に終わった訳ではない。小さな案件は片付けているのでコツコツ前には進んでいる。問題は“コツコツ”では間に合わないことだ。

失敗に終わっても会社が潰れる訳ではない。後送りになるだけでジエンドにはならない。それはわかっていても、根本的に上司からの叱責が怖い。“別に謝る必要はないよ”と散々怒った後に言われてもなぁ・・・。

全部を解決するのは無理。そこは受け入れる他にない。この痛みはしばらく続く。身体が持つかそれが心配である。あぁ益々緊張してきた。

現状は最悪。今は何をしたらいいだろうか。昨日より眠れたし、食欲もあるので身体はまだ動く。じっとしているのが一番良くない気がする。

割り切って考えるなら、今できることに集中する。上司や上層部の考えをトレースすることに意味はない。頭の中で怒られることをシミュレーションしても現実では何の意味もないから止めよう。

一先ず気分転換がしたい。早くお昼にならないだろうか、食事をすることで気を紛らわしたい。

今日はこの辺で。