私にはもう時間がない

日々の出来事に対する議事録のようなもの

引っ越し・お金・不安

休日。ここのところ毎週末は忙しい。引っ越し準備と家への仕事持ち込み、趣味(スフィア関連)をやっていく内に土曜日はあっという間に過ぎ、気付けば日曜日。疲れが残っているので睡眠がメインとなり、またあっという間に夕方。あとはスーパー銭湯に行って帰りに買い出しに出かけて終わってしまう。充実はしているけど充足はできていないのが正直なところだ。

 

引っ越し。家具家電の購入と契約はあらかた済み、小物類の買い足し、断捨離、住所移行の手続きが残っている。手続き類はコツコツやれば終わるけれど、問題は”お金”。初期費用と合わせて50万円ほどかかり、貯蓄計画を見直す必要に迫られている。

 

改めて今年の貯蓄状況を確認する。現段階では前年度以上のペースだが、この先は停滞が続くので考えを修正する。当分(10年以上?)はそれで戦っていくのだから、リターンを考えれば十二分な投資なのだが、貯蓄ペースが伸びないだけで不安(不満)になる自分がもどかしい。そもそも不景気だから伸び悩むのも当然なのに、心からそれを理解できていないのが悩ましい。

 

私にとって貯蓄はゲームでいうHPと同じ概念で、増えれば増えるほど、満タンに近ければ近いほど長期生存(安心)に繋がると信じている。とはいえ社会の厳しさから、増やせる確率は年々減少していると肌で感じているので、一刻も早く、増やせるうちに増やしておきたいという焦燥感に駆られているのだ。

 

また50万という金額をダメージとして捉えると結構痛く、取り戻す(回復する)のにどれだけ頑張っても数ヶ月はかかる。1ヶ月でも社会を生き抜くのは結構しんどいのに、それを数か月やらないと取り返せないほどのダメージ。なるほど不安になる訳だ。

 

心理的要因を排除するのであれば、分割での支払いや購入をすればよかったけど、タスクとしての引っ越しをさっさと片づけてベストな状態に復旧したいという考えがあった。現状、私のCPUの半分は引っ越しに使用されており、仕事に割ける容量が減っている。それが嫌で全部一括で済ませることにしたのだが、結果として不安を産み出してしまっている。本当に不器用というか臆病だな私。

 

ここまで一気に書いて、自分の中の認知の歪みが大分見えてきた。もうちょっと前向きに捉えていこうと思う。

①引っ越しを今、一気にやっているのは”正解”。なぜなら今、仕事のCPUに余裕があるのは”偶々”であり、分割したり後回しにしても心身に余裕が出るとは限らない。

②貯蓄について、引っ越しは想定より数年早まったけど、どのみち行う運命だったし、コロナの影響で今年は全く外出していないのもあり、ペースはむしろ上がっている。その分を投資(引っ越し)に回す機会は今が最適だと思う。

③人生のハードルについて、今のペースでの貯蓄、生活水準は正直しんどいとも感じていた。お金を使うことに”怯え”すら感じている今の状況は正常とは言い難い。

 

③について掘り下げる。浪費のし過ぎは生存確率を下げるが、節約のし過ぎは満足度を低下させる。慣れもあるけど、私よりずっと年上の築年数、お世辞にも治安が良いとは言えない今の住居、古い家具家電に囲まれた生活がメンタルに悪影響を与えているかもしれないのだ。

 

タバコのポイ捨ては当たり前、ゴミの捨て方1つ理解していない近隣住民。PS4では文字が見えなくなるほど小さく映るテレビ。冷凍食品、飲み物は1~2個しか保管できないホテルサイズの冷蔵庫。今時珍しいタイプの風呂・トイレ。料理など到底できないキッチン。こんなネガティブな考え事を切り替えることができないワンルーム

 

住めば都とは言うけれど、井の中の蛙大海を知らずという言葉もある。良い方向に環境を変える。今回はそのための投資で、全財産を費やす訳でもない。あとは”変化”に脳を慣らす訓練も行わないといざという時に適応ができなくなってしまう。いつかはやらないといけないのだから、今はむしろ良い時期だと思うし、さっさと済ませて生存確率を向上させていこうと思う。

 

今日はこの辺で。