私にはもう時間がない

日々の出来事に対する議事録のようなもの

3つの出来事

祝日。といってもやることはなく、いつも通り勉強して、料理して、昼寝していたら一日が終わっていた。ちょっとずつ暖かくなっているけど春の風景はまだ遠そうだ。

 

ストレスから解放されたのもあって久しぶりにストレスフリーに過ごせている。そんな中、昨日は色々あったのでここに吐き出しておきたい。

 

1.戸松遥さんご出産

私が応援しているスフィアのメンバー。戸松遥さんがご出産された。

ameblo.jp

昼休みにこのブログを見て「はぁ!?」と久しぶりに心から驚いた声を出した。コロナの中で様々な不安があっただろうに、仕事は普通に続けていて、本当にとんでもないなと感じた。前に進む力、生きる力そのものが違うんだろうな。

 

メンバーからの祝福はもちろんのこと、ネットも驚きと祝福の声で溢れていて、久しぶりに明るいニュースを見た気がした。スフィアの皆さん、そして戸松さんを尊敬していて、応援していてよかったと感じた出来事であった。本当におめでとうございます!

 

2.気にしてくれる人の存在

仕事の面倒事が1つクールダウンしたある日のこと。以前お世話になった人から電話があった。仕事のことかな?と思ったがどうやら違ったようで、ただ私の近況を聞きたかったらしい。

 

その人は私の苦労と状況を知っており、前からちょくちょく気に掛けてくれていた。もう別の場所に異動してしまったが、まだ気になっているらしい。どうも私の性格・能力が昔の自分に似ているらしく、同じような壁にぶつかっていることを察したらしい。

 

ストレスで追い詰められていたし、仕事の悩みを吐き出せ、かつ理解してもらえる相手が周囲にいなかったのもあって、たくさん愚痴を聞いてもらった。アドバイスは特になかったけど聞いてもらっただけでも十分だ。

 

愚痴をこぼすうちに、社内には私のことを気に掛けてくれる人が他にもいることを思い出した。そう思うと自分の人間関係構築力?も悪くないなと思えた。これからも愚痴を聞いてもらうだろうし、こういう関係性は大事にしていきたい。

 

3.失言

愚痴を聞いてもらった後のこと。今度は別の人から相談を受けた。その人も私のことを気に掛けてくれており、しんどうそうな顔をしている時はいつも声を掛けてくれていた。

 

話の内容は仕事のミスだったのだが、私はそれを聞いて否定してしまった。強く言ったわけではなくサラッと指摘したのだが、その人を落ち込ませてしまった。何やってんだ私。

 

そもそもそのミスは構造的なもので、原因はこちら側にある。人のせいではない、仕組みを作った私(たち)に責任がある。すぐに気づいてフォローしたけど後悔を残してしまった。

 

ミスをフォローし次に繋げる。うちの上司が私にやらないことであり、反面教師にしようとしていたのに。明日また改めて声をかけようと思う。失敗を受け入れ、前向きに改善する(させる)。それができるように私はなりたい。

 

今日はこの辺で。