私にはもう時間がない

日々の出来事に対する議事録のようなもの

モチベーション

仕事を休んで数日。病院で薬をもらってから体調は一気に回復した。科学の力ってスゴイ。あれだけ不安に襲われて夜中に目が覚めていたのにそれがなくなった。実際に仕事から離れたことも関連しているのだろう。

 

この数日間、朝から晩までひたすらゲームをしていた。現実逃避真っ盛りである。やりたいことを好きなだけやって心の方が少し冷静になれたので、こうして現状を記録している。

 

食事や風呂。先週までボロボロだった習慣は取り戻した。後は現実と向き合うだけなのだが、それが進まない。このまま休んで体力が戻ったら仕事を再開する。果たしてそれで本当にいいのだろうか?

 

いいわけがない。こうなった根本原因が何も解決していないのだから、また近いうちに同じことを繰り返すだろう。それについては会社とも相談していたのだが、具体的な解決策は見つからなかった。いや、見つかるはずもないのだ。

 

人手不足とノルマ。この2つが解決しない限りどうにもならない。他人に仕事を回して負荷を分担する手段が取れない以上、すぐ元の状態になってしまうだろう。

 

考えないといけないのはもう1つ、それでも仕事を続ける理由だ。今までだったらライブやイベント、旅行、ゲーム、録画した番組を道標に何とか人生を泳いできたけど今はそれがほとんどない。考えないようにしていたけど興味が薄れていっているのはもっと前からわかっていた。

 

どんどん苛酷になっていく仕事に対し、何のために働くのか。モチベーションが保てていない。これが一番の問題かもしれない。それでも生きていくのが社会なのはわかっているし、贅沢過ぎるワガママなのもわかっている。

 

仕事だけに視点を向ける。今まではどうやってきたのか。ちょっとずつ成果をあげて所属と承認欲求を満たすことが目的だったと思う。誰かの役に立ち、それが評価に繋がるのがモチベーションだったと思う。

 

そうやって何年も過ごしてきたのでお陰様で?色んな人から評価され、頼られるようになった。それがなくなってしまったのからなのか?ちょっと違う。おそらくハードルが上がってしまったことが問題なのかもしれない。

 

ここ1年くらいで明らかに仕事の規模が大きくなり、求められる要求を返せなくなった。ただ上層部の望みを叶えるための仕事ばかりになり、誰かに感謝されるようなことはなくなり、迷惑をかけることの方が多くなった。

 

こうして文字に起こしていくことで整理できてきた。体調は問題なし。メンタルも安定している。ただこの先をやっていくモチベーションが大きく欠けてしまっている。それはプライベートでのやりたいことの欠如と、仕事をする意義の喪失が原因だと思う。

 

生活のため?将来のため?そういう見方は除外してしまっている。何故なら昔からこうなった時に備えて貯金をし続けていたので、その心配は当面ない。だから皮肉にもモチベーションにも寄与してはくれないのだ。

 

将来を考えると全く足りないのは当然なのだが、そもそも30年後を考えて働いている人などこのご時世皆無だろう。逆に今こうして休んでいるだけで30年後に詰んでしまうことが確定するなら、もうほぼ全ての人が詰みに等しいのではないだろうか。

 

話題が逸れてきたので、思考が行き詰っているのだろう。一旦この辺で切り上げて違うことをしようと思う。

 

今日はこの辺で。